本文へスキップ

収納量だけでなくデザイン的にも優れるのが壁面収納です。

収納が足りない

クローゼットの横幅

壁面収納でスッキリしたお部屋に/クローゼットの横幅

多くの人はどういったことで収納量に不満をもっているのでしょうか。 クローゼットの横幅が足りない、と不満に思う人もいます。 間取りのプランニングにもよるので実際には難しいのですが、 クローゼットは可能な限り横幅1.8mを確保したいところです。 さらにクローゼットに収納するものが多くなりそうな部屋には、 横幅1.8mのクローゼットが2つ必要になる家庭も多いようです。 用意された収納スペースが足りない場合は後からダンスなどを置くことになって しまうので、設計段階からクローゼットを必要なだけ確保しておくことが 重要となります。


クローゼットの奥行き

横幅とともに注意するべきなのがクローゼットの奥行きです。 一般的には奥行き70cmというクローゼットが多いようですが、このサイズでは 洋服をかけることはできても布団などをしまうことができません。 布団を収納することも考慮して奥行き90cmはあるといいでしょう。 扇風機やストーブに代表される季節物や特定の時期にしか使わない物など、 普段は使わないものを収納するスペースとしても活用できますので、 洋服のサイズよりも大きめに設計しておくと便利です。 このようなスペースを上手に活用して収納することができれば住宅も スッキリと片付きますので、最初から収納場所を確保しておくようにしましょう。


一時的に収納

買ってきたばかりの荷物や取り入れたばかりの洗濯物なども、 一時的に置くスペースがあれば室内はいつもきれいにしておけます。 家事動線も踏まえて収納スペースの設計ができれば、それだけ理想の住まいに 近づけることになります。 またクローゼットや物入れを確保しても使い勝手が悪ければ、 それを十分に活用することができません。 変な位置に固定棚がついていたりすると入れたくても入れられないものが 出てくるので注意が必要です。 可動棚にするなどちょっとした工夫が収納の悩みを解決することになります。