本文へスキップ

収納量だけでなくデザイン的にも優れるのが壁面収納です。

クローゼットの収納量

有効寸法で考える

壁面収納でスッキリしたお部屋に/有効寸法で考える

クローゼットの横幅は90cm・180cm・270cmの3タイプがほとんどですが、 これらの数字は設計上の壁芯の寸法で、実際の有効寸法は壁の厚み約15cmを それぞれ差し引いたサイズになります。 ハンガーの厚みを約2cmとすると75cmのクローゼットでは37着が 収納出来ることになりますが、若干の余裕をみて70%の26着が そのクローゼットの収納量としては適当でしょう。 冬物は厚手のものが多くかさばりますので、さらに余裕をみて50%の18着が 収納量になります。 着数だけで考えるのではなく、収納するのが夏物か冬物によっても 変わってくる点にも注意しましょう。


収納計画の手順

収納量の把握ができたら次は収納計画を考えてみましょう。 収納の基本は不用品を処分することです。 不用品を処分と言っても捨ててしまうということではありません。 処分するということは自分が使いやすいように並べ替えることで、 あまり使わないものは奥へとしまってしまう、つまりは整理整頓すると いうことです。 必要なのか不必要なのか、使用頻度が高いのか低いのか、 それをきちんと把握してふさわしい場所に収納しましょう。 様々な荷物をその特徴に応じて適切な場所に収めていく、 これが効率の良い収納に大切なことなのです。


整理整頓の基本

収納前の整理整頓をする方法は、まずは荷物をすべて出して要・不要品 を分けることから始めます。 それを種類別に分けたり使用頻度で分け、本当に使う予定のない不要なものは 誰かに譲るかリサイクルショップに売って処分します。 収納する際にもルールを決めておくことがポイントで、 たとえばクローゼットに吊るすハンガーの種類は同じにします。 これだけでクローゼットの中に統一感が生まれ、整然とした感じになります。 吊るす洋服の丈も揃えることで、シャツ類、スーツ類、ロングコート類に 洋服の種類がまとまり、吊るした洋服の下に空間が生まれます。 普段あまり着ない服は端っこに、真ん中にはよく着る服というようにゾーンに 分けて吊るすのも一つの方法です。