本文へスキップ

収納量だけでなくデザイン的にも優れるのが壁面収納です。

収納リフォーム

壁面収納リフォーム

壁面収納でスッキリしたお部屋に/壁面収納リフォーム

増え続ける衣類や書類など、気が付いたら物がたくさん増えていたという 経験はみなさんあるでしょう。 こういったものが溢れる度に少しずつ小型収納家具を増やしていくのではなく、 先を見越して収納計画を立てるのが住宅を美しくキープするコツです。 住宅を新築する時なら設計時にクローゼットを多めに用意すればいいのですが、 そうでなければ思い切って壁面収納リフォームという方法もあります。 タンスを買い足していく方もいますが、高さやデザイン、色調などの統一性が なくなってしまい部屋のバランスがおかしくなってしまうケースも多いので、 その方法はあまりおすすめできません。


生活動線を考えて

リフォームの際に、なんとか上手に収納できるようにしてシンプルで片付いた 部屋で生活をしたい、と考える方は多いようです。 しかし収納とは単に空間を増やせばよいというものではなく、 収納される物を使う場所の近くにそのスペースを用意しなければ、 ただのデッドストックになってしまいます。 めったに使われないものや季節物を収納する場所なら普段生活するスペース から離れていても問題ありませんが、掃除機を掃除する部屋から遠い所へ 収納するようではちょっと不便でしょう。 収納リフォームする際には生活動線を考えて収納場所を作ることが必要です。


自由な設計

住居の中、生活している部屋を見渡すと、そこには衣服や雑貨などとても たくさんのものがあります。 快適な住居にするためには、見せる・見せないのバランスをうまく取りながら 収納スペースを確保する必要があります。 壁面収納でも壁全面に設置する大きなものから、ある高さの一定の部分 だけを利用する小さなものまでさまざまなタイプがあります。 また床下や天井裏を収納スペースとして活用する場合もあります。 見えない部分なら収納力を第一に考えればよいでしょうが、 住居の形やスペースに応じて大きさや機能などを自由に設計できる部分が あるのなら、目に付くところはなるべくオシャレに仕上げたいものです。